お問い合わせはこちら

教育支援事業


教育支援事業

学校に通えない子どもたちに対し、学費の支援を行っています。
 Child Needs Homeでは教育費を保護者に渡すのではなく、学校の教師に渡し、
保護者の遊興費にならないように工夫しています。
    

現在支援している子どもたち

年齢:6歳  性別:女の子

背景
両親をエイズで亡くした彼女は
今、祖母と叔父の3人で暮らしています。
叔父さんの稼ぎだけで生活をしており、
日雇いで仕事があるときにだけ、お金を貰うことができます。
数年前から叔父さんは、マラリアにかかり、後遺症が残った
せいで毎日仕事に行けず、月にだいたい15日間ぐらいしか
働くことができません。
何とか食べてはいけますが、彼女を学校に行かせることが
できません。
彼女は頭が良く、勉強が大好きです。
他の子が学校に通っているのをうらやましそうに
見ながら泣いています。
隣の家の子が勉強しているのを見て、土の上に
字を書く練習をしているそうです。
支援希望があり、支援を開始しました。
          
年齢:7歳  性別:女の子

背景
両親を亡くしてから、叔母が彼女の面倒を
みています。
叔母は離婚しており、3人の子どもを連れて
再婚し、最近、今の夫との間に子どもが
産まれました。
仕事は畑仕事なので、現金収入が少ない状態です。
5人の子どもを育てていくのは難しいため、
この子だけでも支援してほしいと希望があり、
支援を開始しました。
          
年齢:10歳  性別:男の子

背景
父親を亡くした後、母親一人の収入では
食べていくだけで精一杯で、学費を払うのが
難しい状況です。
上の子は父親がいたので、ある程度、学校に
通うことが出来ましたが、この子は
まだ小学校4年生で、学費を払い続けることが
できません。
この子だけでも支援してほしいと希望があり、
支援を開始しました。
          
年齢:10歳  性別:女の子(上)
年齢: 9歳  性別:女の子(下)
※姉妹です。

背景
彼女たちは、父親をエイズで亡くしました。
母親は33歳で、父親が亡くなったあと、
母親は、中国との国境付近にある売春宿で
働いていました。
お客の子どもを妊娠してしまい、体調が悪くなり、
ミャンマーに戻ってきました。
母親の体調がかなり悪いため、HIV検査を
実施した所、陽性反応がでました。
祖父母、母親ともに収入がありません。
母親は、お客の子どもを堕胎して、また売春宿で
働きたいと言っています。
自分はどうなるのかわからないけれど、
子どもたちだけでも助けてもらえれば…。
せめて教育の面だけでも支援してほしいと
希望があり、支援を開始しました。
          
年齢:7歳  性別:男の子(上)
年齢:4歳  性別:男の子(下)

背景
彼らの父親は家出をしてしまい、母親も別の男を
つくり、出て行ってしまいました。
残された同居の家族は、祖父と叔父の2人です。
祖父は主夫業(子どもたちの世話など)をしており、
収入はありません。
叔父は、独身で働いていますが収入が少なく、
食べていくだけで精一杯です。
こんな状況では、子どもたちを学校に行かせてやれるのかと
不安だと、支援の希望があり、支援を開始しました。 



        
年齢:14歳  性別:男の子(上)
年齢: 6歳  性別:女の子(下)

背景
彼女は父親を亡くしました。
彼女の兄は15歳で、生活のために学校を辞め、
今は働いて生計を 立てています。
しかし、仕事は日雇いで、収入が少ししかありません。
母親も働きたいが幼い妹がいるので、思うように
働けず、家族5人、食べることもままならない状況です。
勉強にかけるお金を出す余裕がありません。
しかし、母親は、この子たちには、しっかり教育を受けさせて
こんな生活をしなくてもすむようにしてあげたいと
教育支援を希望し、支援を開始しました。 



        
年齢: 8歳  性別 女の子(上)
年齢:11歳  性別 男の子(下)

背景
彼らの母親は亡くなっており、
父親は働いていますが、日雇いのため、収入が
安定しません。
かなり貧しく、食べることもままならない状況です。
私が自宅に訪問した時は、16時でしたが、
まだ、1回しかご飯を食べていませんでした。
彼女たちの姉は、父親に子どもを産む奴隷として、
中国人に売られてしまいました。
このままでは、彼女たちも人身売買の対象となる
リスクが高いと判断し、支援を開始しました。


        
年齢:14歳  性別:女の子(上)
年齢:13歳  性別:女の子(下)

背景
父親は産まれてすぐに家を出て行きました。
母親も亡くなっており、
高齢の祖母、彼女達、叔父夫婦と、
その子ども(1歳)との6人で暮らしています。
叔父はアルコール依存症で、彼女たちは小さい頃より
虐待を受けています。

祖母は、知人に頼まれた洗濯や掃除を手伝い、
収入を得ていますが、不定期のため、
ミャンマーの平均月収の半分程度しか
収入がありません。
収入が少ないのにもかかわらず、
叔父はアルコールや煙草にお金を使い、
食べるのもままならない状況です。

叔父には離婚歴があり、アルコール欲しさに
前の奥さんとの間にできた子どもを売ったという
経緯があります。
体が成熟してくる年齢となり、このまま一緒に
生活をしていると、この子たちも売られる可能性が
あること、そして、虐待から身を守ることを
目的とし、定期巡回と教育支援を開始しました。
          
年齢:20歳  性別:女の子

背景
父親は7才の時に病死。6人兄弟の5番目。
クリニックで働いていた友人に紹介され、
病院に住み込みで働いている。
将来の夢は看護師。夢を応援するため支援を開始しました。
          

今まで支援してきた子どもたち

年齢:15歳  性別:男の子

背景 	
母親は14歳の時にレイプされ、この子を妊娠し、
出産後に亡くなりました。
祖母が育てていましたが、目が見えなくなり、
育てることが難しくなりました。
その状況をみかねた近所の方が、今、彼を育てています。
しかし、その近所の方の家族には、子どもが4人もおり、
彼を入れて7人で生活していくのは、とても厳しい状況です。
学費を払う余裕はありませんが、勉強ができる子なので
支援をしてほしいと希望があり、支援を開始しました。

2016年に、本人の意志により支援終了

          
Facebook: @childneedshome20
Twitter: @childneedshome